忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それなりの読書家なら、「これは俺のために書かれた本だ!うん!」
というような狂信に近い確信を持っている本があると思う。

ありますよね?

ない?

それは人生の半分ぐらい損してますよ。いやマジで。

僕の場合はこれ

「小林秀雄の恵み」 橋本治 著    (12月18日 発売)

小林秀雄は、これまで一番熱心に読んだ作家で、学生の時なんかは、文庫本がボロボロになるまで読んで、もう一冊買うなんて事は度々あったし、全集だって3回か4回は読んだ。

橋本治も学生の時に嵌って、手に入る文庫は殆ど手に入れたし、狂った様に読んでる時期もあった。今でも、現代日本で3本の指に入るまっとうな思想家だと思うし、信頼している作家だ。

その橋本治が、小林秀雄を論じてるんだから、これは買わない訳にはいかない。

確か大学2年のとき(今から4,5年前か)、「新潮」に隔月で2年間に亘って連載されてて、
「新潮」が出る度に、大学の図書館で全部コピって、何度も何度も繰り返し読んだ。
読み終わると、2ヶ月後が待ち遠しくて仕方なかった。
自分にとって大切な事が、ものすごく解りずらく書いてあった。
小林秀雄も、橋本治も、決して平易な文章書く作家じゃないから、
難解なのは別にいいんだけど、本当に誠意をもって理解したいと思うと、
ますます難しかった。でも、遅々とページをめくる時間は、
何にも代えがたいものだった。ああいう読書体験は最近してない。

で、連載終了と同時に、単行本化される日を待ってたんだけど、あんなマイナー連載が、
簡単に書籍化される訳はなく、半ば、あきらめていいた。雑誌のコピーでいいや。と。

で、今日帰って来て、メールチェックしたら、アマゾンからのリコメンドメールに
「小林秀雄の恵み」 橋本治 著  12月18日 発売
の文字が・・・。

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

極控えめに表現して ↑ な感じだった。

とりあえず、年末の予定が2日程埋まった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新トラックバック
カウンター
プロフィール
HN:
cinemacinemcinema
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/06/22
職業:
へっぽこPG
自己紹介:
ブログに関する感想等のメールはこちらまで↓
delphesアットマークba2.so-net.ne.jp
忍者ブログ [PR]