忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

0810091.jpg






派手さはない。能動的に鑑賞することを要求される映画。

ハリウッド的なドラマツルギーに慣れていると鑑賞するのはちょっとキツイかもしれない。「28歳の革命」の方は主にキューバ革命が成功するまで、「39歳別れの手紙」はボリビアでのゲリラ戦から政府軍に捕まり処刑されるまでが描かれている。共に、徹底したリアリズム志向、ドキュメンタリーに近い作りが全編を通して貫かれている。チェ・ゲバラのや歴史的背景に関する詳しい説明は殆どないので、予備知識を持って見ると良し。

チェ・ゲバラ - Wikipedia

今の時代、この状況下で、何故ソダーバーグ監督は、チェ・ゲバラを扱った映画を撮ったのか?そしてゲバラをどういう人間として描いたのか?当然、その辺に焦点を絞って鑑賞する事になる。というか、そうやって観ないと面白くない映画である。

「39歳別れの手紙」の終盤。政府軍に捕まり監禁されたゲバラが、監視役の兵士に「何を信じているんだ?」問われ、「俺は人間を信じている」と答えたのがとても印象的だった。これはゲバラという人間の魅力を読み解くキーとなるようなエピソード。

作中、ゲバラの思想は殆ど語られない。思想家としてのゲバラを現代に描くことの意味は確かにないと思う。ゲバラの思想の善し悪しも確かにあるだろうけど、ジョン・レノンが「世界で一番格好いい男」と言い、サルトルが「20世紀で最も完璧な人間」と評しているのはその思想とは全然関係ない地点だろう。ゲバラが20世紀最大のカリスマと呼ばれるのは、その人間性の魅力故であり、それに比べればその思想は重要な位置を占めない。

劇中のゲバラは、ルールに厳しい人間であると同時に、他人に対する優しさを片時も忘れない人物として描かれる。農民の食料を失敬すれば、ちゃんとお金を置いて行く。同志が死んだ政府軍の車を盗めば、返してこいと言う。同志が傷ついていれば、たとえ敵がすぐそこに迫っているとしても、絶対に見捨てない。そういう幾つかのエピソードから導き出されるゲバラの行動原理は、確かに今の時代にも意味をもつ。

今の時代の行動原理は、とりあえずは資本主義という事になるだろう。つまりは金が多くの局面で人の行動を左右するインセンティブになっている。で、昨年のリーマンショックに始まる一連の経済危機がある。それは、金儲けって事ばかりで世の中動いてくとやっぱりロクな事にならんという証明であると、僕は今のところ考えている。まあ当然といえば当然の話なんだけど、株式会社という資本主義の実存である所に勤めていれば、それが見えなくってもそんなに不思議ではない。現に一流大学を出た頭の良い人間が、貧乏人で金儲けをするという、小学生でもちょっと考えれば失敗すると分かるような事をやってしまう。みんながやっていれば、それがどんなに不合理な事であっても、簡単に信じてしまう。人間にはそういう弱さがある。

映画の話にもどる。

貧しい農民が搾取され続けている事にどうしても我慢ができなかった。ただそれだけの事がゲバラの信念、行動原理の基になっている訳だが、それは上で述べた様な資本主義という行動原理よりは幾分上等にみえる。そして、その行動原理を実践する事は、資本主義の行動原理で生きるより遙かに難しい。

もちろん、ゲバラにだって人間の弱さは分かっていたし、革命とはその弱い人間に、強くなる事を強いる行為だという事も分かっていただろう。その困難を痛切に感じていただろう。それでも、やはり「人間を信じる」。そういうゲバラの強さは確かにこの作品に描かれている。

「39歳別れの手紙」の劇中、ゲリラ軍が政府軍に徐々に追い込まれる中、ゲバラが、「革命家とはもっとも尊い種類の人間である」と同志を鼓舞するシーンがあるが、「それは人間の弱さを理解した上でも、人間の強さを信じる事が出来る人間であるからだ」と勝手に個人的な補注を付けたい。少なくともスクリーン中のゲバラの目はそう語っているように僕には感じられた。

PR
トランスフォームするとこは凄い。

一応、この夏の(もう終わりだけど)の大作映画だけの事はあるけど、
マイケル・ベイ映画なので、作りは大味。かなり適当。
でも、トランスフォーマーなんてテーマをちゃんと万人受けするエンターテイメントに仕上げる手腕は見事。

但し、

本当にこの映画を楽しめるのは、
トランスフォーマー達のお寒いギャグにクスッとできる人と、
大量に登場するラプター(F-22)に失禁してしまう軍事マニアの人だけ。

該当者は必見。

こういう映画ばっか観ていると、本当に頭空っぽになっちゃうけど、
こんな暑いと何にも考えたくないし、まあ丁度よかった。
トレマーズ ― コレクターズ・エディション [DVD] トレマーズ ― コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2002-08-01
売り上げランキング : 24259
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

レンタルビデオ屋で特に見たい映画ない時に、なんとなく借りてしまうジャンル。それはモンスターパニック/クリーチャー系の映画。むしろその為に作ってるんでしょ。コレ。だから、もうこれでもかっていうくらいの数があるんでしょ?ねぇ。

そのほとんどはB級映画。ストーリーはどれも大体同じで、男女合わせて10以内位の人たちが、次々と怪物に殺されたり食べられたり減っていくだけ。一応 取って付けたようなラブストーリーや友情物語があったりして、まあそれが、結構作品の出来不出来を左右したりもするけど、酷くて笑えるのがいい。そんなこ のジャンルからは、実に数々の名作がうまれている。エイリアン、スピーシーズ、アナコンダ、プレデター、ザ・グリード・・・・etc。内容が無いだけに作 り込むととんでもない傑作映画になっちゃたりする。さあ、映画見よう!っていう気構え(ミニシアター系などの小難しい映画に必要な)がなくても気楽に、ぺ ロッと見れちゃうのも傑作が沢山生まれる由縁かもしれない。頭も空っぽになる。まあもともとあんまり中身は入っていない。

で、仮説として、もし自分がそういう映画の登場人物になるとしたら、どれがいいか?僕は上に挙げた映画のどれにも出たくない。エイリアン・・・・・・お腹 破れるのはチョット。。。スピーシーズ・・・・・・がっつきすぎのセッ〇ス狂なんて。。。アナコンダ・・・・・・巻きつかれて骨砕かれたりはキツイ。。。 プレデター・・・・・・生き残れる希望が薄すぎる。。。ザ・グリード・・・・・・じわじわ消化されるのはヤダ。で、どれもこれも嫌な訳だけど、ひとつだけ 出てもいいかなと思う映画がある。そう、それが、トレマーズ。

われらがグラボイズ。この映画はくだらなさでは他の追随を許さない。主役のグラボイズ君たちは地中を移動して、足音が聞こええると、そこの人間をぺロッと 一口にしちゃう。なんか食べられる方の人間にもあまり悲壮感がなくて、まあこういう死に方も悪くないかなぁと思っちゃったりする感あり。グラボイズ君たち と人間達との戦いも、なんかほのぼのしていて、どっちが死んでも「ああやられちゃった」なんて声が聞こえてきそうなとこもイイ。こういう真剣味が皆無の映 画で、しかもおもしろい映画は、作れそうでなかなか作れない。

劇場公開なんてされないけど、4作目まで出てるあたりは、かなりコアなファンがいるんだろうと思う。向こうでは、TVシリーズもある。ちなみに、グラボイズ君は毎回進化していくが、その進化がまたなんとも笑える。

特に見たい映画はないけど、なんか面白いの見たいなって時には最高の一本だと思います。観ていて腹が立たない希有なモンスターパニック。金曜ロードショウ的アーキテクチャだ。
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
カウンター
プロフィール
HN:
cinemacinemcinema
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/06/22
職業:
へっぽこPG
自己紹介:
ブログに関する感想等のメールはこちらまで↓
delphesアットマークba2.so-net.ne.jp
忍者ブログ [PR]