忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっぱりシリーズものは難しい・・・。

世界最速で見に行くほどではないが、こういうのはやっぱお祭りであって、混み合った映画館でポップコーンを摘みながら見るべき映画ではある。よって、パッーと見てああ面白かった!っと言って席を立てるとこれは最高にハッピーで、まさにエンターテイメントのあるべき姿という事になる訳だけど・・・むむむ。

ダメな点

1.スパイダーマンが名も無き市民を助けるシーンが殆どない。
2.スパイダーマンがダークサイドに堕ちているシークエンスが長すぎる。(よって全体の尺も伸びだれる)
3.肝心の(殆どの観客がそれ目当ての)アクションシーンが1、2、を超えて画期的ではない。

1.について

やっぱりヒーローっつうのは慈善活動をしてなんぼである。慈善活動をするからヒーローなんである。でもって映画的にはそういう主人公のバックグラウンドになるシーンの連なりが、面白さのベースラインになる訳である。この監督(サム・ライミ)は、その事が分かっているはずなんだが、シリーズ故のプレッシャー(1よりも2よりも面白くせねば!!!)から、初心を忘れてしまったのかもしれん。あと撮影監督が変わっているようなので、その影響もデカイ。

2.について

これは戴けない。ダレる。時計見ちゃう。このシークエンスが長すぎたせいで映画としてのスピード感が失われている。この内容なら2時間に刈り込める。

3.について

この映画全体を印象付けるメインのアクションシーンがない。2にあった暴走した電車を自らの体で止めるシーンなんかキリスト教圏ならではの演出で上手いな~~~と思わせてくれたんだが、今回はその程度に印象的なシーンはなかった。残念だ。多くのスパイダーマンファンが期待しているのは、おそらく「ソコ」なんだから、そういう映画的山場は必ず作らなきゃいけないのだ。もちろん、個々のアクションシーンのクオリティは制作費に比例して凄いけど、もう一声という印象を受ける。

この3点で、残念ながら、1よりも2よりも面白くない映画に仕上がっている。
ただし、ポップコーンムービーとしては十分に楽しめるレベルの作品ではあるので、このエントリを読んだ後でも、少しでも見たいというモチベーションが残っている人は、是非でかいスクリーンの映画館に足を運んで下さい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
カウンター
プロフィール
HN:
cinemacinemcinema
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/06/22
職業:
へっぽこPG
自己紹介:
ブログに関する感想等のメールはこちらまで↓
delphesアットマークba2.so-net.ne.jp
忍者ブログ [PR]