忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジェイク・ギレンホールが良い。

デヴィッド・フィンチャー最新作。この監督が嫌いな僕としては、かなり懐疑的な態度で鑑賞したのだけど、あまり期待していなかったせいか、フィンチャー作品としては過去最高の出来だった。もっとも、それは主演のジェイク・ギレンホールの魅力に拠る所が大きい訳だけれども・・・。

  ゾディアックというのは、アメリカ史上に残る連続殺人犯で、マスメディアを巻き込んだ劇場型犯罪の元祖でもある。尚、ゾディアック事件は、現在も未解決のまま。本作は、そんなゾディアック事件の解決に挑んだロバート・グレイスミス(作中のジェイク・ギレンホール)のノンフィクション「ゾディアック」をベースにしたもの。

 フィンチャーが狙ったのは、多分、このゾディアック事件の新たな解釈を提示する事で、作中では真犯人をしっかりと示している。また、別の可能性も示唆するようなシークエンスもあるが、これ以上はネタばれになるので・・・。

  でも、その様な監督の意図とは別の部分でこの作品は素晴らしかった。それがジェイク・ギレンホールが、ゾディアック事件にのめり込んでいくシークエンスだ。彼は、世間がもはや忘れてしまったゾディアック事件の解決の為の調査に殆ど一人で取り組み、仕事を辞め、家庭の崩壊も省みない。はっきり言ってこのシークエンスがこの映画の最大の見所だ。ともかく、ジェイク・ギレンホールが素晴らしく、ゾディアックよりも、このグレイスミスの生涯の方に強く興味を惹かれてしまう。よって、このシークエンスが終わり、また、ゾディアック事件の謎解きに話が戻ると、なんとんなく肩透かしを食らったような気分になる。

 他の脇役陣もみな好演を見せる。特に、事件の捜査にあたるマーク・ラファロ、アンソニー・エドワーズ(グリーン先生!!!)が素晴らしい。彼らのゾディアック事件に翻弄されていく様も、また興味を惹く。

 もちろん、監督にも、彼らの人生を描くという意図はあっただろうが、ここまでやるんだったら、もうちょっと別の描き方があるんじゃないかと思う。しかも、最後に判明する真犯人が、これまた魅力に欠ける人物で、はっきり言って、先に挙げた3人比べると、実につまらないちっちゃい男にしか見えない。そんな訳で、最後が全然締まらない。ここら辺がもう少しなんとかなってれば、文句なしに素晴らしい映画だったんだけどなぁ・・・。

 とりあえず、ジェイク・ギレンホールが一人だけが得をしていた。

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新トラックバック
カウンター
プロフィール
HN:
cinemacinemcinema
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/06/22
職業:
へっぽこPG
自己紹介:
ブログに関する感想等のメールはこちらまで↓
delphesアットマークba2.so-net.ne.jp
忍者ブログ [PR]