忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初めてのデートでこれをチョイスしてはいけないよ。君。

主演のサシャ・バロン・コーエンは英国人コメディアン(そしてユダヤ人)で、ボラットは彼の持ちネタの一つ。この人は、他にも色んなキャラを持っているが、どうやら人種差別をネタにするのが好きらしい。この映画は、そんなボラットがおくる、アメリカ横断モキュメンタリー。コレだけの予備知識をもって映画館に行くだけでも結構楽しめると思う。

アメリカからすると差別意識の塊のように映るボラットが、逆に、次々とアメリカのコンサバ層の差別意識を暴いていくのが痛快。保守層の差別のがボラットよりも全然強力なのが、アメリカという国の凄いとこですね。反対に、リベラルな人達とはすぐ仲良くなっちゃうボラット。でも、フェミニストはからかう。笑える。

とは言え、これは女性と見に行かない方がいい。この映画は、嘗てない程下品で、下ネタもオンパレードだから。

しかし、ユダヤ追い祭りって凄いな。いくらニセモノでも、なかなかあそこまでは出来ないよ。相当根性が据わってないとさ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
カウンター
プロフィール
HN:
cinemacinemcinema
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/06/22
職業:
へっぽこPG
自己紹介:
ブログに関する感想等のメールはこちらまで↓
delphesアットマークba2.so-net.ne.jp
忍者ブログ [PR]