忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

経済成長って何で必要なんだろう? (SYNODOS READINGS) 経済成長って何で必要なんだろう? (SYNODOS READINGS)

光文社 2009-06-25
売り上げランキング : 11996
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

経済成長ってなんで必要なんだろう?

解答.

  経済成長なしには失業の問題を解決することは出来ません。経済成長なしには貧困対策に割く予算がありません。経済成長なしには、財政・年金・福祉に至るあらゆるシステムを早急に、そして抜本的に変えなければならなくなります。システムの抜本改革には膨大な手間暇がかかります・・・・・日本にはもうそれだけに時間がのこされていないかもしれません。さらには、改革を一歩間違えると、その先には悲惨な未来が待ち受けています。
  最近では米国発の世界不況を受けて経済成長否定論が猖獗をきわめつつあります。経済成長の負の側面をとりあげてそれを批判するのは非常に簡単な事です。しかしながら高度経済成長以前と以降を見比べればわかるとおり、我々の生活を向上させ、不安をとりのぞいてくれた原動力はいつも経済成長でした。その一方で、平均1%での経済成長が続いた90年代後半から現代に至るまで、我々の生活がいかに苦しく、いかに不安なもであったのかを忘れてはならないのです。
  何も再び高度経済成長をと主張するつもりはありません。それはキャッチアップ型の成長を終えて久しい「先進国日本」には土台不可能なことです。しかし、通常時2%、好況期に3%の実質成長が達成出来れば、現在の日本の多くの問題を解決出来ることを覚えておいてほしいのです。

『経済成長ってなんで必要なんだろう?』 p289 あとがき より

という事です。

経済学者の本は、数冊しか読んだことないけど、これは好感がもてた。理論経済学ではなく、政策経済学というのが著者の立場で、経済学者は一貫して、一介の技術屋として政策の経済的な妥当性を検証するのみ。というスタンスも一貫している。

現状の日本の失業問題について、簡単な例えを言うと、椅子取りゲームをやっていて、椅子は少なくて、参加者は椅子の数よりも多くなっているのが現在の日本の状態で、それが社会問題として表出してしまっている。それを『自己責任論』でかたつけるのは簡単だけど、まずは、椅子を増やす方を考えようよ。という至極まっとうな考え。

もちろん、誰にだって、「あんときもうすこし頑張っていればな・・・」といううしろめたさはあるから、自己責任論は強力だ。それに、確かに努力した人の方が、努力を放棄した人より報われる。個人単位で言えば、努力した方が失業率は下げられる。それも当然な正論。だから、若者が胸をはって「社会のせいだ」と主張するのは、かなり辛いところがある。。。この国では自己責任論が暗黙に受け入れられている。

でも、椅子が十分に用意されていなければ、必ずあぶれる人はいる。仕事がないなら自分で作ればいいという考え方も同じ事。やる気の有無にかかわらず、需要がなければ、仕事はない。だから自己責任論は、ミクロでは正しいけど、マクロでは間違っている。

というような、技術屋としての著者の考え方は、実効性の根拠をしめしてくれないマニュフェストなんぞよりもすっきりと納得出来るものが多い。

で、技術屋であるから、経済を回す方のエンジニアリングは頑張れるけど、その中で生きる心の問題の方は、人文の方が考えるべきところというとこまで割り切っている。というか、人文はそこをしっかりやれよ!と言いたげ。

でも、それはそう思う。論壇で経済についての話になると、途端に抽象度があがって、空論めいて、もうアホみたいだ。バブルの時を思い出して、あんだけ日本がお金で浮かれていた時に、お前ら何やってたんだよ。と。

人文に出来るのは、経済(お金)とは別の所で人間のプライド(橋本治流に言えば、人間のあり方を規定しているもの)を守るにはどうすれば?と考える事だろうと。

当の経済学者から、既にそういう切り分けされちゃって、ああもう状況はそういうとこまで来てんだと実感した。頑張れ人文。頑張れ思想。頑張れ論壇誌。。。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新トラックバック
カウンター
プロフィール
HN:
cinemacinemcinema
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/06/22
職業:
へっぽこPG
自己紹介:
ブログに関する感想等のメールはこちらまで↓
delphesアットマークba2.so-net.ne.jp
忍者ブログ [PR]