忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



キャメロンの12年ぶりの劇場用作品のアバターがやっと12月に公開される。もうこれは待ちきれないので、フライングする。

既にキャメロンの映画を観てきた世代が、ハリウッドに入ってきている程にキャメロンもおっさんになってしまったけれど、今現役の監督の中でダントツに素晴らしいのは、やはりキャメロンだ。

このオヤジは映画作りに関しては、もう鬼である。鬼神といってもいい。本当に妥協を許さない。いや、多分妥協はしているんだけど、それはキャメロンにしか分からない妥協であって、多分、周りの制作スタッフでその妥協に気がつける人はいなんではないか?と思ってしまう程徹底した仕事をしている。

ホントかよぉ。。。と思う人は、DVDとかの特典映像のメイキングとか観れば納得してもらえると思う。

さあ、話を映画作りから汎化して物作りについて考える。

物作りってなんでしょうね?多分に職人的気質を備えている日本人なら、それぞれ個別の解答があるだろう。

同じくキャメロンを尊敬している、ゲーム『MSG』シリーズを作っている小島監督は、「物作りは妥協です」と言った。この言葉は真実だろう。でも、これは前後の文脈を無視すると意味がない言葉だ。妥協が出来るくらい物作りに真剣だからこそ、妥協をしなければならない局面が出てくる。最初っから、プライドも信念もなく作っている『もの』には、また妥協点も存在しないのだ。だって、最初から物作りから逃げているんだもん。妥協すべき点なんてない。あるのは予算と納期だけだ。

さて、では今の日本はどうか?という話には繋げない。もうそういう言説は飽きた。言っても何にもならない。少なくと自分が関わっている『もの』は妥協出来る様に頑張るしか道はないので。

という所で、話を『アバター』に戻す。

構想14年、制作4年の長大なSFファンタジー作品だ。キャメロンに言わせると、俺の妄想にテクノロジーが追いついた。という事らしいが、その言葉は、相当な気合いが入ってんだぜ今回の俺っちは。と受けとる。若干、『アビス』と同じ臭いを感じるので、興行的には心配なんでけど、作品としては多分大傑作になるでしょう。

とりあえず12月の公開までは死ねないな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新トラックバック
カウンター
プロフィール
HN:
cinemacinemcinema
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/06/22
職業:
へっぽこPG
自己紹介:
ブログに関する感想等のメールはこちらまで↓
delphesアットマークba2.so-net.ne.jp
忍者ブログ [PR]