忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エターナルサンシャイン DTSスペシャル・エディション [DVD] エターナルサンシャイン DTSスペシャル・エディション [DVD]
チャーリー・カウフマン

ハピネット 2006-10-27
売り上げランキング : 2316
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

どっかのインタビューでチャーリー・カウフマンは「自分は人間の脳の働きにとても興味あるんだ」みたいな事言ってたと思うけど、そうゆうカウフマンの興味が上手い具合にラブストーリーになっている。

ジョエル(ジム・キャリー)は、別れた恋人クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)が自分との恋愛の記憶を消してしまったことに憤慨して、自分も彼女との日々の記憶を消そうとするが、記憶を消していくうちにその記憶の大切さに気づいて、何とか記憶消去を止めようとするという話。主演の二人は演技はなんと言っても笑わせてくれる。ジム・キャリーはどんなシリアスに振る舞っても、面白いというのは可哀想だけれども。あと、ジム・キャリーはいつまでたってもアカデミー主演男優賞とれなくてかわいそうですね。こんなに演技うまくて面白い俳優に賞あげないなんて。確かに権威ある賞かもしれないけど、僕がもし俳優とか監督だったらウッディ・アレンみたいに受賞式に呼ばれたとしても、すっぽかしちゃいたい。まあそんなこたぁあるわけないけど。

で、この作品の個人的テーマだけど、ずばり記憶。突然ですが、この世で自分にとって一番大事なものってなんですか?たいていの人はお金、命、時間、家族、恋人とか答えるとおもいますが、僕だったら記憶と答える。だって、記憶が無くなったら自分が無くなっちゃうから。記憶喪失を考えるとわかりやすいけど、それと記憶がなくなるのはちょっと違う。

僕も医者じゃないから詳しいことは知らないが、記憶喪失っていうのは正確には記憶を喪失したんじゃなくて、記憶を引き出すトリガーを喪失しただけ。実際に記憶が無くなるわけじゃない。だから、たぶん無意識下の要素だと思うその人の性格とかなんかはわりと変わらないし、上手くいけば記憶も戻る。ホントに記憶がなくなるっていうのは頭の中だけ赤ちゃんと同じになるってこと。これは困る。自分がゼロなるってことは自分と世界との関係を喪失するわけだから。回りくどいこと言ってるけど、要は自分=記憶ってこと。

ちょっとベルクソンの本を思い出した。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
カウンター
プロフィール
HN:
cinemacinemcinema
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/06/22
職業:
へっぽこPG
自己紹介:
ブログに関する感想等のメールはこちらまで↓
delphesアットマークba2.so-net.ne.jp
忍者ブログ [PR]