忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アダプテーション DTSエディション [DVD] アダプテーション DTSエディション [DVD]
チャーリー・カウフマン

アスミック 2004-02-06
売り上げランキング : 43610
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この映画はタイトル自体はあまり認知されていないが、脚本家は有名。2004年のアカデミー賞で脚本賞(「エターナル・サンシャイン」)とったチャーリー・カウフマンの作品。一番有名な作品は「マルコビッチの穴」で、これはほとんど人が知ってるんじゃないでしょうか?

この三作を見た人はわかると思うけど、この人の作品は話自体が非常によく練られていて、観てて退屈しない。最近では稀有な感じの唸らせられるハリウッド映画。逆に返せば、ハリウッドは今深刻な脚本家不足に落ちいってるという事でもあるけど。というか脚本家は沢山いるのかも知れないけど、いい脚本が無いんだろう。大体良い作品は小説の脚色とかが多い。

この映画は微妙にマルコビッチの穴とつながっていて、主人公はマルコビッチの穴を手がけたあとのチャーリー・カウフマン(ニコラス・ケイジ)とその弟のドナルド(ニコラス一人二役)という一風変わった設定。カウフマンは『ランに魅せられた男』という作品の脚色をしてるんだけど、なかなかうまくいかなくいうえに、弟のドナルドが脚本家教室なんかに行ったりして、しかも成功なんかしたりしてイライラしてる。

そのうちチャーリーは『ランに魅せられた男』の原作者のスーザン(メリル・ストリープ)に惹かれて興味を持ちはじめ、脚本の完成つでいでに会いに行くつもりが、なかなか踏ん切りがつかないうちに彼女の秘密を目撃しちゃって・・・・と言うような、うまく解説できない奇想天外な展開の話。

本筋とはあんまり関係ないけど、この映画の中で弟のドナルドが良い事言ってて、その話が個人的には印象に残っている。ドナルドが中学だか高校だかの時に好きな子がいて、その子はドナルドの事を陰ではキモいみたいな事言っていた。そのことをチャーリーがドナルドに話すんだけど、ドナルドはその陰口の事を知ってて、正確には覚えてないんだけど、「人間には人に愛される権利は無いけど、誰かが人を愛する事を侵害する権利もない」みたいな内容のことを言う。つまり、その子に自分を好きにさせたり、好きになってもらう権利は、自分にはまったく無いけど、自分がその子を好きだという気持ちは、たとえその子にでも侵害する権利はないと言いたいわけ。この話には妙に納得させらたし、すこし感動した。

本質的には米国のインテリ達がもつ空虚感を上手く描いてる。スーザンはその代表で、ジョン・ラロシュはそんなインテリの渇望を、日常として満たしている様にそのインテリからは映ってしまう。もちろんそれは、幻想だけど、その幻想はどうしても人に必要なものとして観る我々には映る。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
カウンター
プロフィール
HN:
cinemacinemcinema
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/06/22
職業:
へっぽこPG
自己紹介:
ブログに関する感想等のメールはこちらまで↓
delphesアットマークba2.so-net.ne.jp
忍者ブログ [PR]