忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぐるりのこと。 [DVD] ぐるりのこと。 [DVD]
木村多江, リリー・フランキー, 倍賞美津子, 寺島 進, 橋口亮輔

VAP,INC(VAP)(D) 2009-02-25
売り上げランキング : 112
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ある夫婦の10年間を90年代を背景に描いたというと、相当に湿っぽい作品だと思われるかもしれないが、その通りで、相当に湿っぽい作品だった。いちいちディティールが湿っぽい。でも、こういう映画が作れる監督がいるんだという事に、まず映画好きとしては感謝しなきゃならん。過去を忘れない。過去を水に流さないで、見つめる事で未来に繋げたい。そういう監督の想いがちゃんと映画に焼きついている。こういうのが演出だと思う。

ある夫婦の10年と、90年代という時代を丁寧に重ねていくうちに、物語が徐々にある振幅をもっていく訴え始める。子供を亡くし、うつになった妻の精神的な再生とその夫を描いているだけなんだけど、ちゃんと人間が描けている。こういうのが脚本だと思う。

主演のリリー・フランキーと木村多江が素晴らしかった。とくにリリー・フランキーのお陰で、映画がダメになりそうな危うい部分が、絶妙に救われている。これは多分職業俳優には出来ない。

監督も明言しているが、この映画はバブル以降の社会を背景としている。法廷画家である夫のカナオは、既に風化してしまった事件を写す。妻の翔子の兄夫婦には、バブル経済の影がちゃんと描かれている。そういう背景があるからこそ、この夫婦の10年の陰影が深くなってもいる。皆が体験した10年を、この夫婦も乗り越えたのだという説得力になっている。

このブログでは、何度もバブル、バブルと言ってきたが、別に何かを過去のせいにして、今を正当化したい訳ではないし、そんなことをしたところでなんにもならないことは分かっている。だが、バブルというのは今に至るひとつの分岐点だったとやはり思うし、その地点で日本人はある変化を遂げたことはまず間違いないと思う。橋本治の言葉を借りれば、「世の中の人間のあり方を規定していたものが消滅してしまった」という事になる。

その消滅は、この映画では妻の翔子が子供を亡くすというメタファーとして表現されている。翔子の精神的再生のターニングポイントとなる嵐の夜のシーンで、子供を亡くしてしまったことで自分を責め続けてきた翔子に対して、夫のカナオは「子供ことはいつも思い出してあげればいいじゃん。忘れないようにしてあげればいいんじゃないの」と言う。そして、その夜から翔子の人生の歯車はまた回り始める。

「世の中の人間のあり方を規定していたものが消滅してしまった」なら、やはりその時に戻ってみるしかないのだ。そして、その時の事を検証して、そこから何かを学び、先に進むしか道はない。それがまっとうな考え方というもんだし、それが当たり前の考え方というもんだ。土地は転がして儲ける資産ではなく、人間の生活が乗っかっているもんだという事を思い出す。経済が生活に従属していた、そいうところまで、多分、戻る必要がある。

この映画のメッセージは、過去を曖昧にして、受け止めないでいることはもう辞めようよという事でもあると思うし。

後半になると、この映画で初めて音楽が流れ始める。それは、この夫婦の人生が良き方向に向かい始める予兆でもあり、二人の、二人自身のあり方を、お互いで補完して規定していく過程でもある。

当然、背景となる時代は相変わらず流れているし、凶悪な事件も続いている。兄夫婦も相変わらずだ。ただ、この夫婦の間には別の風が流れて、不思議と時代と呼応しなくなっていく。それが監督が描く希望だと感じさせる。

個人的には「おくりびと」よりも良かった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新トラックバック
カウンター
プロフィール
HN:
cinemacinemcinema
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/06/22
職業:
へっぽこPG
自己紹介:
ブログに関する感想等のメールはこちらまで↓
delphesアットマークba2.so-net.ne.jp
忍者ブログ [PR]