忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



1974年の地下鉄サスペンス「サブウェイ・パニック」のリメイク作。監督はトニー・スコットなので、スタイリッシュな映像が楽しめた。その映像的な遊びがあんまり五月蠅くないのも良かった。

脚本は、ベースが74年のものだから、骨太でしっかりとエンターテイメントしている。それを現代的な要素で上手くアレンジしてある。

登場人達も、平板な善人/悪人ではなく、うまく人間味が出ている。

あとは、犯罪に立ち向かう、地下鉄職員、警察官、市の職員がそれぞれのプロの仕事ぶりを見せてくれる。まあ、多少のドジもあるけど、みんなそれぞれいぶし銀の活躍をする。

久々に素直に評価できる、クライムサスペンスムービーを見させて頂いた。感謝。シルバーウィークの最終日にちょうどいいんではないかと思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新トラックバック
カウンター
プロフィール
HN:
cinemacinemcinema
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/06/22
職業:
へっぽこPG
自己紹介:
ブログに関する感想等のメールはこちらまで↓
delphesアットマークba2.so-net.ne.jp
忍者ブログ [PR]